※最短60秒ほどで利用開始していただけます

(※1)1記事あたり5時間以上かかっていた記事が最短30分で生成可能
1文字1円計算で1記事15,000円かかっていた記事が約132円〜生成可能(社内実績)

(※1)1記事あたり5時間以上かかっていた記事が最短30分で生成可能
1文字1円計算で1記事15,000円かかっていた記事が約132円〜生成可能(社内実績)

2024年2月・・・
またまた衝撃のリニューアルを敢行!!

2024年2月、AItoolsは
さらなる衝撃のリニューアルを敢行しました。

時代にあわせて、
そして求められ続ける

日本一のSEO特化の
AI記事生成ツールとして、

進化し続ける
AItoolsから目が離せません。

今回のリニューアルで、
アップデートする新機能は

以下3つとなります。

リニューアル【その1】
URLを貼り付けるだけでOK!
過去記事のリライトがサクサクできる
<記事インポート機能>

「過去に作った記事のリライトが追いつかない…」
「Googleのアップデートで落ちたページをそのままにしている…」

ブログやサイト、メディアの
記事数が多くなればなるほど、

浮かび上がる、あるあるのお悩み。

リライトが重要なのはわかってるし、
やらないといけないのもわかっている。

とはいえ、リライトする時間が足りなくて
着手できずにいたり、

そもそもリライトの工数を深く考えずに
運営を始めて、

あとでリライトが追いつかずに
過去記事が重荷になっていたり・・・

なんて話も、よくある話です。

事実、SEOで成果を出す上で、
リライトは切っても切り離せませんが、

記事インポート機能は、

過去に作った記事の
URLを入力するだけで

・見出し
・本文

を、一括でAItoolsに読み込ませる
(インポートする)ことができます。

あとは、参考にしたい文章を入力して、
リライトボタンをポチッと押すだけ。

たったこれだけで、
ほんの数分で過去記事のリライトが可能になります。

リニューアル前のAItoolsでは
AItoolsに読み込まれていない、

またはAItoolsで作っていない記事を
リライトする際、

参考にしたい記事の本文を手動で
コピペして読み込ませれば

過去記事もなんとかリライトできましたが、

記事インポート機能によって
その手間は一切なくなりました。

もちろん、リライトに限らず

・要約
・長文化
・再取得
・下階層の要約

といった、AItoolsの機能を使って
自由に編集することもできます。

インポートは、

・HTML形式
・テキスト

の2つから選択可能ですが、

リライトの精度を上げたい場合は、

余計なテキストが含まれない
テキストでのインポートをおすすめします。

リニューアル【その2】
高品質のAI記事がさらに量産できる!
<事前学習機能のアップデート>

・特定のサイト
・論文
・LPの情報

などの文章を記事生成前に
読み込ませることで、

AItoolsが事前に学習をし
その文章を反映した記事生成ができる

「事前学習機能」。

ユーザーにも大好評をいただいている
こちらの機能がパワーアップしました。

具体的には、

1.学習させたい文章を自動分割し、
AIが学習しやすいようにすることで、生成する記事の精度が上がった

2.テキストだけでなく
学習させたい記事のURLを入れられるようになった

といったアップデートをし、

従来よりも高品質な記事が
よりスムーズに作れるようになりました。

文章の分割については、
たとえば1万文字の文章を読み込ませたら、

その中から、AItoolsが生成した見出しに近しい文章を
AIが自動で検知し、本文に反映させるイメージです。

これらのアップデートによって、
従来に比べ、事前学習の精度が大幅に上がりました。

※デフォルトは推奨の
【分割文字数250文字 × 取得個数2】としております。
設定画面から自由に変更可能です。

※従来どおり事前学習機能の利用に
文字数は消化されます。

参考)1見出しにつき約500文字の文字数を消化

リニューアル【その3】
短い説明で良いh2見出しは
この機能ですべて解決!
<h3見出しのみ記事取得できる機能>

ユーザーのアンケートで
多く寄せられていた中の1つ、

「AItoolsが作った文章だと、
h2見出しの中の文章が長くなってしまう」

というもの。

h2見出しは、h3見出しの1〜2行程度の
簡単な説明で良いことも多く、

どうしてもここは、
AItoolsで制御しきれない部分でした。

また、その結果、

「h2見出しとh3見出しの内容が
被ってしまう」

といったこともあり、

これを解消するために、
h3見出しのみ記事取得できる機能を開発しました。

記事全体にh3見出しがあまりなく、
h2見出しで説明が必要なケースが多いときは、

従来どおりh2見出しから取得。

1〜2行程度の、
簡潔な説明でも良いh2見出しの場合は、

h3見出しのみ一括で記事取得して、

あとからh2見出しのみ、
1〜2行程度で自分で書く。

といったように、

記事の状況にあわせた
柔軟な対応ができるようになります。

2023年11月の第1弾・超大幅リニューアル
〜新・9個の新機能!〜

私たちCatch the Webは
2023年11月のChatGPT大幅アップデートのタイミングで

「AItools」をより使いやすく、より高機能にするために
超大幅リニューアルを敢行しました。

そして生まれたのが
「合計9個の新機能」です。

新機能1
事前学習機能

「事前学習機能」は記事生成の際に、
特定の参考にしたい文章を
事前にAItoolsに入力することで

その文章をもとに
新しい内容の文章を生成する機能
です。

具体的な使い方としては、たとえば、

・特定のサイト
・論文
・LPの情報

などの文章をAItoolsの記事生成前に
読み込ませることで、

AItoolsが事前に学習をし
その文章を反映した記事の生成が可能です。

新機能2
プロンプト(指示文)追加機能

「プロンプト追加機能」は
AItoolsの記事生成時に、

ユーザーが追加で
AItoolsに指示が出せる(プロンプト追加)機能
です。

これにより、
さらに細かなニーズに合わせて

カスタマイズされた
記事の生成が可能になります。

追加プロンプトの具体例

例1)文章のトーンをさらにカスタマイズ
「もっとフランクな文章にしてください」

例2)主語の調整
「この記事の主語は私たちで統一してください」

例3)ペルソナの設定
「この記事のペルソナは40代主婦です」

例4)役割の追加
「あなたは健康食品の専門家です」

例5)内容や表現の調整
「小学生でも理解できるように書いてください」

このように具体的な
追加指示をおこなうことで

ターゲットに合わせて調整した
オリジナル記事の生成ができるようになります。

新機能3
リライト機能

記事を公開して思うように
順位が上がらなかった場合の対策として
「リライト」はとても重要ですよね。

AItoolsの「リライト機能」を使えば
既存の記事の修正、改善があっという間にできます。

AItoolsの「リライト機能」では
2つの方法をご用意しました。

1.既存記事の特定部分のリライト

修正や改善をしたいコンテンツと
参考にしたい情報をAItoolsに読み込ませることで

参考にしたいコンテンツを
考慮した新しい文章を生成します。

必要に応じて共起語も設定できますし
入力がない場合でも

AIが自動で共起語を取得して
文章を生成してくれます。

2.新しい見出しを追加するリライト

競合サイトには存在するが、
自サイトにはない重要な見出しや
情報を追加する際に活用します。

競合サイトの見出しや内容を
AItoolsに入力することで

その情報をもとにした
文章を新しく生成します。

リライト機能を駆使することで
あなたの記事の質は飛躍的に向上するでしょう。

この機能で上位表示はもちろんのこと、
その先の大きな成果へと繋げていってください。

※GPT-3.5ではなくGPT-4を使用します

新機能4
画像生成機能

「画像を探すのが面倒くさい…」
「アイキャッチ画像選びに自信がない…」

AI時代のSEOは
画像もAIが作成します。

新機能の画像生成機能は
記事タイトルや見出し、キーワードなどを入力するだけで

AIがその内容に沿った
画像を自動で生成します。

この機能により、記事だけでなく
画像の時短も可能になりました。

アイキャッチ画像や
本文中の画像にご利用ください。

画像像生成機能を使うと
文字数を消化しますが、

全プラン、1記事につき1画像まで
文字数の消化なしでご利用いただけます。

※画像は本文生成後に生成されます

新機能5
一括記事作成機能

ユーザーからの強い要望に応えて
記事の一括記事作成機能を追加しました。

「一括記事作成機能」は
指定したキーワードをもとに
複数の記事を一度に生成する機能です。

キーワードの後ろに
タイトルを指定することも可能。

タイトルを指定すれば
そのタイトルで出力し、

タイトルを指定しない場合でも
AIが自動でタイトルを作ってくれます。

キーワードのリストを
Excelやメモ帳などで作成し

それをAItoolsにコピペすることで
一括で記事を生成するといった使い方も可能です。

この機能の最大の利点は、

一度の操作で大量の記事を
効率的に生成できること。

この機能でさらなる
時間の節約が実現できます。

※見出しは「キーワードからAIで構築」と「検索エンジンの結果を参考にAIで構築」の
2種類から選択できます

新機能6
記事管理(タグ)機能

「記事管理(タグ)機能」は、
AItoolsで作成した記事を
より効率的に管理するための機能です。

具体的には、
各記事に”タグ”を設定することで

関連する記事や
特定のテーマに基づいて

記事の整理・分類をすることが
可能となります。

また、記事一覧のページでは
設定した”タグ”を利用して
記事のソートをすることができます。

記事を作れば作るほど
管理が大変にはなりますが

この機能を使うことで

たくさんの記事の中から必要な情報を
瞬時に見つけ出すことができ、

記事整理や管理が
今まで以上にスムーズになるでしょう。

新機能7
ライター管理機能

「複数のライターを管理するのが大変…」
「ライターごとに権限を細かく設定したい」
「どのライターがどんな記事を書いたか一目で確認したい」

そんな悩みを解決してくれるのが
ライター管理機能です。

ライターの基本情報(名前、ログインID、パスワード)を
一元管理し、ライターごとの権限をカスタマイズ。

・記事作成(全ライター必須)
・GPT-4の利用
・記事一覧の閲覧
・一括作成
・WordPress投稿

など必要な権限だけを
付与することができます。

管理者はライターが作成した記事を
一覧で確認も可能です。

この機能によって、
ライターごとの作業内容や進捗を簡単に把握し、
効率的なSEO運用が可能になります。

新機能8
文章のトーン調整機能

ブログの読者層によって
フレンドリーなトーンで親しみやすくしたり

あるいはもっとフォーマルにして
信頼感を持たせたいと思ったことはないでしょうか。

AItoolsでは、このような要望にお応えして
「文章のトーン調整機能」を追加実装しました。

この機能では文章のトーンを

・通常
・フレンドリー
・フォーマル

から選択可能。

フレンドリーは
より親しみやすい表現で。

フォーマルは
より固い表現で生成されます。

もちろん、記事全体ではなく
特定の見出し内の文章だけ変えることも可能です。

あなたのキャラクターや
ブログの方向性によって
文章を柔軟に変えられるので

あなたのブログや記事を
より魅力的に、

そしてより読者層に合わせて
生成できるようになります。

新機能9
全プランで最新版AI「GPT-4」に対応

これまでのAItoolsは
ベーシックプランの本文生成は
GPT-3.5のみしか使えませんでした。

しかし、AItools大幅リニューアルに伴い、
すべてのプランで本文のGPT-4対応を実現しました。

GPT-4は3.5に比べ、
はるかに自然に近い文章かつ
専門的な文章生成が可能ですので

全プランで高水準、高品質の文章が
作れるようになったということです。

もちろん、タイトル、見出し構成も
これまで通りすべてのプランでGPT-4に対応しています。

以上がAItoolsの「新・9個の追加機能」です。

さらに…
文字数の追加購入オプション
ご用意しました!

AItoolsは多種多様なニーズにお応えするべく
新たな追加オプションを導入しました。

これまでのベーシックプラン、プロプランでは
月間の文字数、記事数の制限がそれぞれありましたが、

リニューアルに伴い、
文字数と記事数を追加購入することが可能になりました。

そのため、

「今月使いすぎたけど追加で記事が必要になった…」

といった場合も
柔軟に対応できるようになりましたし、

必要なときに必要な分だけ購入できるので、
コストを抑えながらリソースの最大化が実現できます。

契約するプランの文字数や記事数が足りなくなった場合には、
ぜひ追加購入オプションをご検討ください。

今日よりも明日、明日より明後日、
AItoolsは進化し続けます!
今日よりも明日、
明日より明後日、
AItoolsは進化し続けます!

AItoolsは時代に合わせて、
ユーザーのご要望に合わせて
日々進化し続けるツールです。

そのため、ご紹介した9個の追加機能以外にも
順次開発を進めていきます。

もちろん、実装可能なもの、
不可能なものはありますが、

「ユーザーと一緒に作り上げていく」
そんなツールにしたいと考えています。

「こんな機能が欲しい」といった
ご要望があればぜひお寄せください。

※最短60秒ほどで利用開始していただけます
もし、今このタイミングで
ブログ記事にAIを活用できなければ
あなたはSEO新時代に乗り遅れてしまう

と思います。

なぜなら、ブログ記事のSEOに
AIが活用できるのか情報収集ばかりしている人がいるのを尻目に、

もうすでにブログの作業時間を1/10にし、

なおかつ質も担保しながら
記事の量産体制に入っている人が大勢いるからです。

誰でも知るIT企業であり
今業績をグングン伸ばしている

サイバーエージェントは
AIをWebマーケティングに取り入れた結果、

かつて30~40人いた人員がゼロになる(AIで代用)など
AIを活用している人はどんどん先に進んでいます。

つまり、社会全体の流れとしても
AIの活用は避けて通れない時代になっており

AIを活用する人と活用しない人とでは
ますます差が開くばかりなのです。

このように、まさに今は
時代の分かれ目と言っても過言ではありませんが、

あなたは、

・旧時代のままブログを書き続ける道
・新時代のAIを活用したブログ運営の道

どちらに進みたいですか?

ここまでお読みいただけたら、
もう答えは出ているはずです。

とはいえ、AIのこともよくわからないし、
具体的にどうはじめたらいいかわからない方も多いと思うので

本日はそのとっておきの秘訣をお伝えします。

ブログにAIを活用する上で、
こんな疑問や悩み
お持ちではありませんか?
  • AIをどうブログに活用したらいいかわからない
  • AIやChatGPTの存在は知っているけど使い方がわからない
  • 自己流でAIを使ってみたけどうまく出力されず困っている
  • AIを活用して作業を時短する使い方ができていない
  • 上位表示させるための記事の書き方がわからない
  • SEOを加味したライティングができない
  • 記事制作だけで5時間以上かかって疲れてしまう
  • やることが多すぎて手が回らないと感じている
  • 半年ブログを続けたけど報酬がまったく出ない
  • ブログを続けるのが苦痛になってしまった
  • 文章を書くのが億劫
もし、これらの悩みに1つでもあてはまるなら
AItoolsがあなたの悩みを解決してくれます
もし、これらの悩みに
1つでもあてはまるなら
AItoolsがあなたの悩みを解決してくれます

なぜなら、
AItoolsはブログ、SEOに特化しており、

AIを活用したSEO記事生成における必要なノウハウを
すべて詰め込んだAI記事生成ツール
だからです。

つまり、SEOで思うようにAIを活用できていない方や、
ブログで成果が出せていない方には最適なツールです。

具体的にAItoolsは

1.キーワードを入力する
2.タイトル取得ボタンを押す
3.見出し取得ボタンを押す
4.本文取得ボタンを押す
5.WordPress投稿ボタンを押す

この流れで操作をしていくだけで
記事投稿までできてしまいます。

ツールの実操作はわずか5分。

操作が完了したら
あなたはただ記事ができあがるのを待つだけです。

そして記事を整えたあと、

ツール内からWordPressに記事投稿まで
完了させることができてしまうのです。

AIというと、AIツールにどのような指示文で
依頼をするのかというのが疑問に思う方もいると思いますが、

AItoolsでは、最適化された指示文が
すでに組み込まれており、その上で記事が生成される
ため、

これまでAIを活用しようとしたけど、
思った通りに出力ができなかった人でも安心してご利用ができます。

これだけの記事が1記事最短30分で作れたら
ブログ更新が今より10倍
はかどると思いませんか?
もし、これだけの記事が
1記事最短30分で作れたら
ブログ更新が今より10倍
はかどると思いませんか?

※AIを使って生成した記事の例をご紹介
※ブラウザの中をスクロールして実際の記事をご確認いただけます

「楽天ブログ 収入」480Vol.
\ 投稿から4週間で3位 /
「公務員 ブログ 収入」320Vol.
\ 投稿から7日で9位 /
「個人ブログ 人気サイト」480Vol.
\ 投稿から1週間で11位 /
※最短60秒ほどで利用開始していただけます
「本当にこのまま続けて成果は出るのだろうか…?」

ブログを始めた頃は、
たくさん稼いで金銭的に不自由なく暮らせたり

欲しいものが値段を気にせず
買えるようになったり

時間的に自由な生活が送れると思っていたのに、
現実は残酷。

自分では一生懸命記事を
書いてきたつもりなのに、

まったくと言っていいほど
アクセスが伸びていかない。

「アクセスって右肩上がりに増えていくものじゃないの?」

そう思って頑張ってきたのに
いつまで経っても報酬が伸びないと
更新のモチベーションにも影響してしまいます。

挙句の果てには、

「本当にこのまま続けていいのだろうか?」
「ジャンルを間違えたのかな?」
「記事の書き方が悪いのかな?」

色々な疑念が膨らんでいき、
心身ともに疲弊…。

ブログを始めた頃のやる気はどこへやら
徐々に更新のペースは遅くなり

努力が報われないと感じるたびにやる気が低下し
途中で更新が止まってしまうことも…。

なんとか自分を奮い立たせて
いざ、記事を書こうと思っても手が進まない。

パソコンをつけても、他のことが気になって
結局ダラダラしてしまう…。

そんな中、
AIがブログに活用できそうと知って

色々調べてみても、結局どう活用したらいいかわからず、

思ったような文章が出力されず
すぐに諦めてしまった。

もしかするとあなたも
同じようなことを感じたことがあるかもしれませんが、

このような状況に陥ってしまい
早々に断念してしまう人が非常に多いのが実情なのです。

そしてさらに、

追い打ちをかけるようですが、
今日はそんなあなたに「残酷な真実」をお伝えしなければなりません。

ブログで成果を出すためには
100記事投稿が当たり前

絶望してしまうかもしれませんが
ブログで成果を出すには、
まず100記事投稿が必要と言われています。

そもそも、
検索エンジンから評価されるために

ブログの記事数や更新頻度が
大事というのは前提ですが、

私がこれまで15,000人以上の方を
指導してきた実績から考えても、

100記事投稿して
はじめて土台ができあがり

100記事投稿したくらいに
ポツポツと数万円程度の成果が上がり始め、

ようやく大きく稼ぐための
スタートラインに立つ状況なので、

100記事投稿は
あながち間違った数字ではないでしょう。

ここで少し考えてみてください。

100記事投稿するために
あなたは今のペースで何ヶ月かかりますか?

1週間に1記事で25ヶ月。つまり2年強。
1週間に2記事でも12ヶ月半。つまり1年強。
1週間に3記事書いたとしても、8ヶ月以上かかる計算です。

途方もない作業に感じるかもしれませんが、
残念ながらこれが真実なのです。

「いえ、自分は気合でやります!」
「100記事頑張ります!」

このようにモチベーションを保って
更新し続けられる人は良いのですが、

多くの人は100記事投稿を前にして
アクセス数や報酬が積み上がっていかず

理想と現実の狭間に悩まされ
途中で挫折してしまうのもよくあることです。

そして口を揃えて言うのが、

「記事を書く時間がないんですよね…」

ブログを始める方の
一般的な悩みとしても非常に多く

弊社に寄せられるお声の中でも
トップクラスに多い悩みの声の1つです。

なので、こう思う気持ちは十分わかります。

副業であれば、

1日に取れる時間はせいぜい
2~3時間ではないでしょうか?

朝から晩までクタクタになりながら働いて
家事や育児をし、

眠い目をこすりながら
パソコンの前でブログを書き始める。

こんな生活の中、

1日1記事投稿なんて夢のまた夢。

そこを目標にすると
かなりハードな生活を強いられます。

もちろん、ブログで成果を出すためには
それ相応の努力が必要なのは分かっているし、
その覚悟もできている。

きっといつかはたくさん稼げる!

と信じて
奮い立たせながら取り組んではいるけど、

ブログはあまりにやる作業が多すぎるし、
記事に量も質も求められると

「現実的にブログの継続がきつい…」

と感じている方も
多いのではないでしょうか?

なので、
十分な時間が取れずになかなか成果が出ない。

この状態は至極当たり前で
決して

“今まで努力したあなたが悪いわけではない”

のです。

それでは、ここからが本題です。

果たして

”AI時代のブログ運営”
”AI時代のSEO”

ではどうでしょうか?

・AIで時短できる
・AIで効率化できる

というのを耳にしたこともあると思いますし、
なんとなく想像もつくかとは思いますが、

そんな都合の良い話は、
実際のところはどうなのか、気になる方も多いでしょう。

そこで、私から一つ提案があります。

もう必死に記事を書く
必要はありません
もう必死に
記事を書く必要は
ありません

いつもの私ならこのような
期待感を煽った断言はしません。

ですが、ブログ運営における
AI時代はもうすでに突入しており

あえて今ここで強くお伝えする
必要があると思ったのです。

具体的に言えば、

AI時代のブログ運営では
これまで現実的に不可能に近かった

良質な記事の1日1投稿が
AIの活用で現実的に可能になっています。

つまり、

今までブログを書く時間が取れずに
途中で諦めてしまった方や

記事を書くのが苦手で
書くのが億劫になっている方でも

1年、2年と長い歳月をかけて
必死に記事を書かなくても、

ブログのスタートラインである100記事投稿が
2、3ヶ月もあればできる時代になった
ということです。

それが「AI時代のブログ運営の新常識」です。

AI時代のブログ運営では

・今まで3日かけていた記事制作が30分でできるようになる
・ブログ運営における不要な労力を最小限に抑えられる
・空いた時間でSNS発信やメルマガ執筆など、別の作業に注力できるようになる
・毎日時間を切り詰めながらブログ作業をしなくてよくなる

このようなことが実現可能になりました。

ただ一方で
別の側面から考えてみると、

ある意味でAIの誕生は
多くのブロガーが

危機感を持たなければならない
部分でもあります。

どういうことかというと、

AIを活かせるブロガーと
AIを活かせないブロガーの間には、

今後大きな差が生まれ、
その差は日増しに拡大し、二極化していく

ということです。

100記事を1、2年かけて
手動で書くブロガーと

AIを活用しながら
100記事を2、3ヶ月で投稿するブロガー。

果たして、どちらがより早く収益を手にできるでしょうか?

後者が圧倒的に早く収益化できるのは
誰の目から見ても明らかでしょう。

とはいえ、こう思う方もいるかもしれません。

AIで記事生成しても結局、
手動で直さないといけないんでしょ?

たしかに、
AIにすべて丸投げして完結できるのか
と言うと必ずしもそうではありません。

たとえば、世界中で多くのユーザーを獲得している
AIサービス「ChatGPT」は、

人間の質問に対して、
もっとも確率の高いと思われる回答を

自動で返しているだけなので、
ときには誤った情報を出力する場合もあります。

ですので、

情報の正誤や
言い回しの違いに関してはどうしても

人間が手動で確認の必要があるケースはありますし、
その前提でAIを活用する必要があります。

このようにお伝えすると、

「どうせ手直しが必要なら、
AIの活用はあまり意味がないんじゃないの?」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、考えてみてください。

基本的に文章を書く際は
0→1が一番大変です。

あなたも、いざ記事を書こうと思い
最初はなかなか筆が進まなかったけど、

一度書き始めて軌道に乗ったら
意外とスラスラ書けるようになった…。

そんな経験はないでしょうか?

つまり、

何もない状態から文章を
書き始めるよりも

ある程度土台が完成した状態から
手直しをするほうが

記事の方向性も決まりやすくなりますし、
記事制作において

圧倒的に効率化ができるので
心理的な負担も軽い
のです。

先程お伝えした
「もう必死に記事を書く必要はない」

というのは

限られた時間を有効活用し
より価値が高いものを世に残していく

というのが真意です。

そして、最初の文章の土台作りを
AIに任せてしまえば

せっかく、
パソコンの前に向かって始めようと思ったのに

「なんだか気が乗らないなぁ」
「何から書き始めようかな…」
「今日はブログ更新やめようかな…」

とモヤモヤすることもなくなります。

また、

ブログ記事をAIで作る際、
ChatGPT単体での活用ももちろん可能です。

ただしその場合、
正しいSEOのノウハウを加味した
AIへの指示文(プロンプト)がなければ

こちらが求める
SEOレベルの文章は出力されません。

実際に弊社でも
同じように実践をしていましたが

1記事1記事手動で
ChatGPTに出力すると、

なんだかんだで
多くの時間を要してしまっていました。

「今の作業をもっと効率的にできないか?」

と考えた結果、
私たちCatch the Webは

はじめまして。

株式会社Catch the Web
SEO統括責任者の石川琢麻と申します。

私は、SEOに携わって17年。

会員数1,600名以上のスクール、
アフィリエイトマスター講座(AMC)を運営しています。

これまで延べ15,000人を超える
ブロガー、アフィリエイターを指導し、
辿り着いた1つの答えがあります。

それが、

「時間を制するものはブログを制する」

というものです。

ブログ運営は、

  • リサーチ
  • キーワード選定
  • タイトルの作成
  • 見出し構成の作成
  • 記事制作
  • 装飾
  • 画像の作成
  • 広告掲載
  • アクセス解析
  • 順位チェック
  • クリック導線の改善
  • リライト

など、

個人でおこなわなければならない作業が
非常に多いビジネスです。

副業であればなおのこと
時間が取りづらい方も多いですし

時間の使い方が
最重要ポイントと言ってもいいでしょう。

実際に、弊社のスクール会員で
成果を出している方は共通して

“時間の効率化と無駄な作業の削減”

にフォーカスしています。

そして、弊社もとくに記事制作において
劇的に時間を効率化できる可能性を模索し

今年の1月頃から
AIをSEOに融合しながら成果を出すための
検証を始めました。

最初はプロンプト(AIへの指示文)も
探り探りの状態から、仮説と検証の繰り返し。

思ったような文章が出力されるまで
苦労しましたが

徐々にコツを掴みはじめ、
現在はAI記事での上位表示に成功するまでになりました。

「この検証結果やノウハウを
自社だけで留めておくのはもったいない」

そう感じた背景もありながら

これまでAIに興味があっても
なかなか踏み出せなかった方や

使ったけど思い通りにいかなくて
苦労している方を救いたい。

そして、

AIをブログに活用して
報酬を伸ばす人を一人でも多く増やしたい

そんな想いを込め、
自社のAIノウハウをベースとした
AI記事生成ツールを開発しました。  

それが「AItools」です。

このツールを使えば、

これまで5時間以上かけて書いてきた
ブログ記事制作を1/10以下に時間短縮し、

良質な記事がWordPress投稿まで
一気通貫でおこなえるようになります。

キーワードにもよりますが、
ブログの記事制作は

リサーチも含めると
5時間以上かかるのが一般的。

弊社のスクール会員さんの例を見ても
平均すると5時間ほどで、

初心者であれば10時間以上かかる
ケースもザラにあります。

ですが、AItoolsでは実作業は5分ほど。

あなたが仕事に行っている間、
家事をしている間、寝ている間に

AItoolsが自動で記事を生成し
30分もあれば、投稿まで完了します。

さらに、

誰にでも直感的に操作でき
ブログ初心者~上級者まで実用的に使える
SEO特化のAIツールに仕上げました

「AItools」を開発する前、
私たちはすでに世に出ている
たくさんのAIツールを調査しました。

AIを活用した
SEO記事生成のサービスはありましたが

そのほとんどが


・YouTubeの台本
・広告文
・SNSの投稿文
・メルマガ
・ビジネスメール
・インタビュー
・漫画や小説のストーリー
・キャッチコピー


など、SEO以外の機能も持つものばかりでした。

ブロガーやアフィリエイターが使うレベルの
高度なSEO記事生成ツールはほとんどなく、

私たちは私たちにしかできない
“SEOに特化したAIツール”を作る必要がありました。

Catch the Webには
17年のSEOの歴史があります。

延べ15,000人に
指導した実績もあり

AIとSEOを融合した仮説と検証も
日々おこなっています。

そんな
Catch the Webだからこそできる

直感的な操作、わかりやすいデザインに
とことんこだわりながら

ブログ初心者から中・上級者まで
実用的に使えるツールとして開発したのが
「AItools」です。

ブログ更新を
圧倒的に加速させるAItools6大機能
機能1
タイトル生成

「イマイチ魅力的なタイトルが作れない」
「なんとなく作ってしまってあとで後悔…」
「タイトルだけで10分以上熟考してしまう…」
「キーワードを意識しすぎて、不自然になってしまう」

タイトルを作るときに
こんな経験はありませんか?

AItoolsは
狙うキーワードを入力するだけで

上位サイトのタイトルを参考に
AIが自動でSEOを加味したタイトル案を生成します。

あなたは複数候補から
気に入ったタイトルを選ぶだけ。

手動だと上位サイトを目視で確認して
考える必要がありますが、その作業も不要です。

もちろん、
AItoolsが生成したタイトルは使わずに

アイディア出しとして
参考にする使い方も良いでしょう。

機能2
見出し構成生成

タイトルと同様に
重要な要素の1つが見出し構成です。

「記事の質の良し悪しの8割は、
見出し構成の出来次第で決まる」

と言っても過言ではありません。

AItoolsでは、以下の3つの方法から選択して
見出し構成を構築します。

※プランによって選べるものが異なります

1.キーワードからAIで構築
2.検索エンジンの結果を参考にAIで構築
3.検索エンジンの結果から選択してAIで構築(プロプラン以上)

それぞれ見ていきましょう。

  • キーワードからAIで構築

「キーワードからAIで構築」は

指定したキーワードの検索結果の
“上位サイトは参考にせずに”

完全にAIに任せて
見出し構成を生成する方法です。

検索結果の上位サイトが
あまり検索意図を満たしておらず、

参考になるサイトが少ないような
比較的ライバルが弱いキーワードで
活用するのがおすすめです。

  • 検索エンジンの結果を参考にAIで構築

「検索エンジンの結果を参考にAIで構築」は

指定したキーワードの検索結果の

“上位サイト(1位~10位)の見出しを参考に”AIが自動生成します。

ただし

・Amazon
・楽天
・Wikipedia
・Yahoo知恵袋

など

元々のドメインパワーが評価されていて
見出しを構築する上で参考にならないサイトや

見出しが少なすぎるサイトは
自動で除外する仕様になっています。

  • 検索エンジンの結果から選択してAIで構築(プロプラン以上)

「検索エンジンの結果から選択してAIで構築」は

指定したキーワードの検索結果の
“上位サイト(1位~10位)の見出しを参考に”AIが自動生成します。

「検索エンジンの結果を参考にAIで構築」

との違いは、

・どのサイトを参考にするか
・どの見出しを参考にするか

利用者で自由に取捨選択ができる点です。


たとえば
Amazonや楽天など元々のドメインが
評価されているサイトだけでなく、

ニュース記事で
SEOのフレッシュネス指標
(最新の情報が掲載されているサイトが上位表示しやすいアルゴリズム)が

評価されているサイトで
見出し構築をする上であまり参考にならない場合、

そういった参考にならないサイトや見出しを
自由に除外設定でき、見出しの精度を上げられます。

こちらの機能では、
指定したキーワードに対して

最適な見出しを生成するため
上位サイトのリサーチも不要になります。

また、どの方法で見出し構成を生成しても
あとから見出しの追加、削除、再取得、順序の入れ替えもできるので、

SEOに最適な形に
自由に修正することも可能です。

機能3
本文生成

当然ですが、いくら見出し構成で
問題なく方向性が決まっても

肝心の本文が検索エンジンやユーザーに
好まれる記事でなければ、上位表示はできません。

AItoolsは弊社が
仮説と検証を繰り返した結果

上位表示の実績がある
プロンプト(AIへの指示文)をもとに本文を生成します。

また、見出しごとに
本文を生成する仕様なので

見出しごとに検索意図に沿った
本文が作れます。

他にも、
生成された文章が気に入らない場合は

・記事の再取得
・下階層の要約
・記事の要約
・記事の長文化
・共起語の取得

これらの機能で、何度も作り直し
最適化も可能。
※詳細は後述します

気に入った文章ができるまで
AIにひたすら指示を送ることができます。

ブログでよく使われる

「導入文(書き出しの文章)」
「まとめ(記事末尾の文章)」

も、SEOに最適化した文章を
自動生成してくれます。

機能4
記事生成完了通知

見出し構成、本文の生成が完了した際に、
事前に設定した

チャットワークのグループチャットに
完了を知らせる通知機能を用意しました。

AIが見出し、本文の生成をしている間は、
わざわざパソコンの前で待っている必要はありません。

その他の必要な作業、
たとえばキーワード調査、画像制作などの
作業に集中しましょう。

機能5
HTML変換

AItoolsで生成した見出し構成、本文は
ボタン1つでHTML形式に変換可能です。

見出しを表すh2タグ、h3タグ、
改行を表すbrタグは

AItoolsが自動で入力するので
余計な手間はいりません。

必要に応じてツール上で修正も可能です。

機能6
WordPress連携

あなたのブログやサイトがWordPressなら
AItoolsと紐づけて

HTML化した見出し、本文を
下書き、投稿まで一気通貫して作業できます。

手作業でおこなう場合、
見出し構成と本文作成後に

・WordPressページに移動
・WordPressにログイン
・タイトル、本文をコピー&ペースト
・投稿(公開)

と、記事が多くなればなるほど
意外と面倒になる一連の作業ですが

すべてAItools内で完結できるよう整えました。


以上がAItoolsの6大機能です。

この機能を使えば、実作業としてはたったの5分。

見出し、本文もAIが30分程度で生成し
下書きや投稿までできるので、
大幅な時間削減が実現可能です。

さらに!
AItooolsには
より質の高い記事が生成できる
「5つの追加機能」が付いてます!
  • 見出し、本文の再取得機能

AItoolsが生成した記事が気に入らない場合は、
再取得ボタンで

記事の方向性は同じの
別記事を再生成します。

また、本文だけでなく、
見出しの再取得も可能。

思った通りの
文章が生成されない場合は、

見出しも含めて再取得し
納得のいく記事を生成しましょう。

※見出しを個別で再生成ではなく、
一括で再生成する場合は、新規記事として作成する必要があります。

  • 本文の要約機能

生成された本文が長すぎる場合
要約ボタンを押すと

記事の方向性は変えずに内容を要約し、
文章を短くまとめてくれます。

見出し内の本文ごとに
要約ができるので

「この見出しの本文は短くしたい」

という場合に
ピンポイントで本文の要約ができます。

  • 本文の長文化機能

「この見出しは、もう少し長くしたり詳しく書きたい」

という場合は、
こちらの長文化機能を使いましょう。

要約と同様、見出しごとに
再生成ができるので、ピンポイントで活用可能です。

  • 下階層の要約機能

下階層とはh2の下の階層、
つまりh3の階層を指します。

こちらの機能は、
h2の本文を生成する場合に

下階層であるh3の本文を
すべて含めて要約します。

AItoolsは見出しごとに
本文を生成するので

h2がh3の本文の内容を含まない
本文が生成されるケースがありますが、

そういった場合に
下階層の要約機能を活用することで

自然な形でh3の内容を含んだ
h2の本文の生成が可能です。

  • 共起語の取得機能

共起語とは、
「特定のキーワードと一緒に使われやすいキーワード」のこと
です。

たとえば「レストラン」であれば
「メニュー」「予約」「料理」「ランチ」「ディナー」など。

「ダイエット」であれば
「食事」「運動」「サプリ」「おすすめ」「効果」

などが共起語にあたります。

SEOにおいて
これら関連性の高いキーワードを

適切な形で見出しや
本文中に入れることが

検索エンジンから評価され
上位表示に繋がります。

AItoolsでは、
見出しごとに共起語の候補を自動取得し、

共起語を加味した内容の
記事の生成が可能です。


空き時間や移動中でも5分あればOK!
スマホとタブレットに完全対応!
空き時間や移動中でも
5分あればOK!
スマホとタブレットに
完全対応!

AItoolsは、パソコン以外にも
スマホ・タブレットにも対応しています。

普段使ってるスマホやタブレットから
操作できるので、

電車やバスの移動中、
外出先や旅行先でも

見出し構成や、記事の生成、
投稿ができます。

AItoolsの実作業はわずか5分。

空き時間が5分もあれば
記事が作れます。

もちろん、
公開前の記事チェックをしたい場合は

WordPressに下書き保存して
あとでパソコンでゆっくり確認するのもOKです。

ぜひ、移動時間や
ちょっとした空き時間で
AItoolsを有効活用してみてください。

スマホ、タブレットにも完全対応し、
機能も豊富なAItoolsですが、

これだけ充実した機能を使いこなすためには
具体的にどういう手順で実践すれば良いのか。

という疑問が残っている方も
いるかもしれませんが、この3つのステップで実践しましょう。

AI時代のブログ記事制作
3つのステップ

「ChatGPT」が誕生する以前のブログ運営は、
以下の過程が必要でした。

1.リサーチ
2.キーワード選定
3.タイトルの作成
4.見出し構成の作成
5.記事制作
6.投稿
7.装飾、画像

このうちAItoolsを使うと

1.リサーチ
3.タイトルの作成
4.見出し構成の作成
5.記事制作
6.投稿

これらの作業がAItoolsで自動化します。

これも踏まえてAI時代のSEO環境では、
以下の3ステップでAI記事の量産体制が整います。

STEP1
AItoolsで記事を生成

上記のとおり
AItoolsを活用すると記事制作と

記事制作に必要なリサーチは
ツール内で完結し、自動化、効率化されます。

つまり、

あなたが上位表示したいキーワードが決まって
キーワードの設定をしたら、

・タイトル候補
・見出し作成
・記事生成

までAItoolsが自動で対応をしてくれます。

AIが見出しや記事の生成をしている間は、
チャットワークの通知を待つだけです。
※記事生成前に、見出しのチェックを入れることもできます

もうあなたはブログ運営で
不必要な作業に時間を割く必要はありません。

STEP2
記事を整える

AItoolsは弊社で上位表示が実証済みの
プロンプト(AIへの指示文)を使用しているため

基本的にあまりに大きく検索意図から外れた
文章になることはありません。

とはいえ、
それで完璧ではないので目視でチェックし

見出しの順序を変更したり
できあがった記事を再生成したり
より最適な形に整えましょう。

また、AIは間違った情報を
出力する場合もありますので、

記事生成後は、必ずあなたの目で
最終チェックをおこなうようにお願いします。

STEP3
記事投稿

記事チェックを終えたら、
いよいよ記事投稿に移ります。

AItoolsとWordPressを連携し、
ツール上で下書き、投稿を完結させましょう。

WordPressのカテゴリの指定や、
複数のWordPressサイトの登録も可能です。

ただし、AItoolsで生成されるのは
文章(テキスト)のみなので

必要に応じて投稿前に
文字装飾と画像挿入の対応をするようにしてください。

以上が「AI時代のブログ記事制作3つのステップ」です。

この3ステップを
何度も繰り返しおこなうことで

量でも質でもライバルを凌駕しながら
圧倒的なスピード感でブログ運営ができるようになります。

さらに、AItoolsは
最新版AI「GPT-4」搭載!
さらに、AItoolsは
最新版AI「GPT-4」
搭載!

GPT-4とは「ChatGPT」の
言語モデルシステムの最新バージョンのことです。

GPT-4は従来のGPT-3.5よりも
様々な点で精度やパフォーマンスが向上しています。

具体的に言えば

・複雑な指示への対応
・長文対応
・より自然な対話
・多言語対応
・多様な文体、表現
・より正確な回答

などです。

AItoolsは、GPT-4に完全対応しています。

GPT-4の利用には

通常、自分で契約する場合には$20(日本円で約3,000円)が必要ですが
AItoolsはツール側でGPT-4のAPIを契約しているので、
※APIはツールを開発する際に必要なインターフェース。「Application Programming Interface」の略。

AItoolsを利用していただくと

別途自分で有料版を契約することなく、
最新版AIであるGPT-4の恩恵を受けられます。

AItoolsでは
大幅リニューアルにより

なんとすべてのプランの
タイトル、見出し、本文でGPT-4が採用されます。

どのプランでも高精度のコンテンツが
作れるようになりました。

SEOにAIを活用するなら
AItoolsを選ぶべき理由

※左右にスワイプしてご確認ください

他社製品A他社製品B他社製品C他社製品D
AIの性能最新版AI
GPT-4に対応
最新版AI
GPT-4に対応
最新版よりも劣る
GPT-3.5
最新版よりも劣る
GPT-3.5
最新版AI
GPT-4に対応
SEOの要素SEOに特化し、
SEOに必要な機能のみを
備えたデザイン
SEOに特化しているが
タブが多く使いづらい
×SEO以外の機能が多く
使いづらい
×SEO以外の機能が多く
使いづらい
×SEO以外の機能が多く
使いづらい
日本製・海外製日本語表記で
見やすい
日本語表記で
見やすい
日本語表記で
見やすい
日本語表記で
見やすい
×英語表記で
見づらい
スマホ・タブレット
対応
移動中や空き時間でも
記事生成や投稿が可能
スマホ・タブレット
対応
スマホ・タブレット
対応
対応しているが
操作しづらい
対応しているが
操作しづらい
WordPress連携ツール上で
記事投稿まで完結
×ツール上で
投稿はできない
×ツール上で
投稿はできない
×ツール上で
投稿はできない
×ツール上で
投稿はできない
SEOにおける
記事の品質
上位表示実証済みの
プロンプトを使用
記事生成補助機能はあるが
SEOに効果的な
文章ではない
記事生成補助機能はあるが
SEOに効果的な
文章は出力されない
最低限の記事生成
補助機能のみ
最低限の記事生成
補助機能のみ
事前学習×××
プロンプト追加××××
リライトSEO特化の
リライト
SEOに特化したリライト
ではない
×SEOに特化したリライト
ではない
SEOに特化したリライト
ではない
画像生成××
一括記事作成××××
記事インポート見出し、本文を
すべてインポート可能
見出しのみ
インポート可能
×××
※最短60秒ほどで利用開始していただけます
AItoolsで成果を最大化してもらいたいので…
お申込者様限定の特典をプレゼント!

大前提として、AItoolsを最大限活用するには

SEOの知識が必要です。

なぜなら、
AItoolsは記事制作にかける時間を
大幅に削減し、効率化できる一方で、

必ずしもこれ1つだけで
SEOはすべてOK!

というツールではないからです。


つまり、

AItoolsとSEOの知識を掛け合わせ
両軸で攻めることが

ブログで最大限に成果を出すために
重要なポイント
になります。

そして、SEOの知識というと
幅広く多岐にわたりますが

その中でも「キーワード選定」
SEOにおいて重要な要素の1つです。

キーワード選定を
誤った認識で進めると

どんなに良い見出しが作れたとしても
どんなに良い記事が作れたとしても

上位表示は難しいです。

そんな、キーワード選定は、
ケースバイケースの要素が多いため、

実はAIに任せるにはまだまだ不安要素が大きく、

現時点では、人間が手動でおこなうほうが
精度が高いことがこれまでの検証から分かっています。

そこで、AItoolsを補完する意味合いも込めて

ブロガー革命の一部を抜粋した
「キーワード選定」のノウハウをプレゼントします。

  • 特典1
  • 必ず避けたいYMYLキーワードとは?
  • 特典2
  • 報酬0の悲劇を避けるキーワード3つのポイント
  • 特典3
  • ツールで機械的にキーワードを弾き出し、上位表示できるものを選ぶ方法

これらの特典を通じてAItoolsの力を最大限に発揮し、
成果へ繋げていってください。

祝!リニューアル記念!!
申込者限定フォローアップWebセミナー
録画版

ChatGPTの大型アップデートにより、
そして、新機能を搭載しさらなる進化を遂げたAItools。

リライト機能、事前学習機能、
プロンプト(指示文)追加機能など

これらの新機能を活用すれば
ブログ、SEOの効率化はもちろん、

最終的に目指す成果最大化まで
一直線で進んでいけるでしょう。

しかし一方で、

「新機能をうまく使えるかな?」
「どのようにして自分のブログやメディアに組み込めるかな?」
「どうやって記事をブラッシュアップしていけばいいのかな?」

といった悩みも出てくるかもしれません。

そこで、

AItoolsをお申込みの方限定で

9つの新機能を
最大限に活用するための

フォローアップWebセミナーの録画版を
プレゼントさせていただきます。

フォローアップWebセミナー録画版では、

新機能の基本的な使い方から
具体的な活用方法まで詳しく解説しています。

このフォローアップWebセミナー録画版を観て、

ご自身のブログやメディアへ
AItoolsを最大限に活用してみてください。

1記事いくらまで投資しますか?
1記事いくらまで
投資しますか?

ここまでAItoolsに関して

・どういった背景で開発をしてきたのか
・どういった機能が実装されているのか
・どういったことが実現できるのか
・大幅リニューアルに伴う新・9大機能

ということをお伝えしてきましたが、

一言でまとめていえば、
AItoolsはSEOに特化したAI記事生成ツールです。

机上の空論ではなく、
根底には、

実際にAIを活用して
上位表示した実績、ノウハウがありますし、

今後も引き続き機能のアップデートをするなどして、

自他ともに認める日本一のSEO記事生成AIツールとして
今後も進化しつづけていきます。

そんなAItoolsでは

平均して1記事あたり15,000文字〜20,000文字の
SEOに特化した記事が生成されますが、

一体あなたは1記事あたり
どのくらいの費用が掛かると思いますか?

わかりやすいところで言えば、

クラウドソーシングなどのサービスを使えば
1文字1円は掛かるのが通例ですので、

1記事あたり1万5,000円〜2万円ほど
と考えるのが通常かと思いますが、

ツール化されたということで
きっとそれよりは安い価格を期待されていると思います。

具体的にここまでの機能、性能を加味して
ご自身の時給計算、外注した場合の費用など総合的に加味して

一体いくらになるのか、
いくらであれば投資できるのか

ということを想像してみてください。

再リニューアルで生まれ変わったAItoolsの
肝心の価格を発表します

さて、
平均15,000文字〜20,000文字のSEO特化記事が

1記事あたりいくらなのか、
逆にいくらであれば試してみたいと思うのか、

想像はできましたでしょうか?

1文字1円で計算すると
1万5,000円〜2万円ですが、

ツール化されているということで、

1記事あたり1万円、5,000円という価格を
期待された方もいらっしゃるかもしれませんし、

10分の1となる
1,500円〜2,000円を期待された方もいるかもしれません。

弊社としては
10倍の価値提供という観点からも

10分の1となる価格を1つの基準としていますが、

今回、1人でも多くの方に
AIの可能性を体感していただくためにも思い切りました。

10分の1でもなく
30分の1でもなく
50分の1でもありません。

100分の1を目指すことにしました。

なんと今回、

1記事約200円ほどから
生成できる価格帯にしました。

AItoolsは

・ベーシックプラン
・プロプラン

この2つがメインのプランとなりますが、

それぞれ
月間の記事数を40記事、200記事とし、

価格については

ベーシックプラン:月額9,800円(税込10,780円)
プロプラン:月額39,800円(税込43,780円)

としました。

もちろん、
生成される文字数やリライト回数によっても
生成単価は異なってきますが、

ベーシックプランであれば
1記事あたり約245円〜

プロプランであれば
1記事あたり約199円〜

生成が可能となります。

この価格帯を実現したことで
どんな人でもAIを活用できる裾野が広がったのではないかと考えております。

さらに、、、

その結果、価格は・・・?

大幅リニューアルによって

AItoolsに9つの機能が
新たに追加され、

より高機能に、より使いやすい
ツールへと進化を遂げました。

それに加え、
新機能の1つである「画像生成機能」では、

1記事あたり1画像を
無償で生成できるようになるなど

ユーザーがブログ、SEOで成果を出すために
十分すぎる体制を整えました。

それだけではありません。

AItoolsをすでにご利用の方から、

上限文字数や月間作成可能記事数で
制限がかかり

「もっとたくさんの記事を作りたい」

というたくさんの声を受け、

今回、上限文字数と月間作成可能記事数を
増やすことを決断いたしました。

上限文字数

・ベーシックプラン
3.3万文字→15万文字
(GPT-3.5を選択した場合は10倍の150万文字生成可能)

・プロプラン
20万文字→100万文字
(GPT-3.5を選択した場合は10倍の1,000万文字分を生成可能)

※直近のGPT-4とGPT-3.5の
記事の質の差が顕著になっていることや

GPT-4の文字単価が1/3になったことを受け、
デフォルトをGPT-4として計算しています。

月間作成可能記事数

・ベーシックプラン
40記事→50記事

・プロプラン
200記事→300記事

・9つの新機能の開発
・画像生成
・上限文字数、月間作成可能記事数の増枠

これらのアップグレードに加えて、
再リニューアルによる追加機能

・記事インポート機能
・事前学習機能のアップデート
・h3見出しのみ記事取得できる機能

これらの開発費、人件費を考えますと

「正直、価格は上げさせてもらいたい」

というのが、開発側の本音です。

しかし、
これまでたくさんの方にAItoolsをご利用いただき

さらに、
ユーザー数も着々と増えていることもあって

もっと多くの方に
AItoolsの凄さを知っていただきたい。
凄さを実感していただきたい。

そんな想いから、

なんと、これまでの価格と変わらず
同一料金で提供することを決断いたしました。

つまり、
1記事あたりの生成費用で考えると

ベーシックプラン
約245円→約196円

・プロプラン
約199円→約132円

ということになります。

仮に1文字1円で15,000〜20,000文字の
文章を外注に依頼しようとすると、

単純に1記事15,000〜20,000円
という費用がかかりますが、

今回どちらのプランでも
1記事あたり150円〜200円をさらに下回る

100分の1以下の価格を実現することができたので、

これで、どれほどコスト削減できるかが
お分かりいただけるかと思います。

さらに、新プラン
「ビギナープラン」を開設!

1記事あたりの生成費用が200円以下になり、
ますますAI ×SEOの可能性が広がったわけですが、

一方で
月額9,800円や月額39,800円という価格帯では

現実的に厳しいという方も
いらっしゃるかもしれません。

そこで、
お求めやすい価格のプランも新たに開設いたしました。

それが「ビギナープラン」です。

月額4,980円(税込5,478円)
お求めやすい価格での提供となります。

1記事あたりの生成費用は249円、
作成可能記事数は20記事までとなり

ベーシックプラン、プロプランに比べ
1記事あたりのコストは上がってしまいますが、

月額費用の捻出が難しい場合には
月額4,980円(税込5,478円)の
こちらのプランも検討してみてください。

もう1つのサプライズ

相場の100分の1を実現した
AItoolsですが、

より安心してご利用いただけるように
もう1つのサプライズをご用意しました。

それは、
両プランともに

5日間の無料トライアル

を設けさせていただいたということです。

すぐにご利用いただきたい場合は、
最初から本申込をしていただくのがおすすめですが、

まずは操作性を確認してみたい
という場合は、

5日間の無料トライアルを
お試しください。

これであなたのリスクは
ゼロになったといえるでしょう。

ぜひAItoolsで
AIを活用した新時代のSEOを実践していきましょう。

なお、それぞれのプランについては
以下の表にまとめましたので、

こちらをご覧いただいた上で、
プランの選択をお願い致します。

プラン比較表

※左右にスワイプしてご確認ください

ビギナープランベーシックプランプロプランエンタープライズプラン
価格4,980円/月
(税込5,478円)
9,800円/月
(税込10,780円)
39,800円/月
(税込43,780円)
応相談
GPT-3.5
GPT-4
タイトル:GPT-4

見出し:GPT-4

本文:GPT-4
(GPT-3.5も選択可能)
タイトル:GPT-4

見出し:GPT-4

本文:GPT-4
(GPT-3.5も選択可能)
タイトル:GPT-4

見出し:GPT-4

本文:GPT-4
(GPT-3.5も選択可能)
応相談
1記事あたりの
生成費用
249円〜196円〜132円〜応相談
作成可能記事数
(月間)
20記事
(無料トライアルは3記事・上限5,000文字)
50記事
(無料トライアルは4記事・上限15,000文字)
300記事
(無料トライアルは5記事・上限5万文字)
応相談
文字数制限5万文字(GPT-4)
(GPT-3.5を選択した場合は50万文字)
15万文字(GPT-4)
(GPT-3.5を選択した場合は150万文字)
100万文字(GPT-4)
(GPT-3.5を選択した場合は1,000万文字)
応相談
参考にする見出しキーワードからAIで構築

検索エンジンの結果を参考に
AIで構築
キーワードからAIで構築

検索エンジンの結果を参考に
AIで構築
キーワードからAIで構築

検索エンジンの結果を参考に
AIで構築

検索エンジンの結果から
選択してAIで構築
応相談
画像生成1記事1枚無料1記事1枚無料1記事1枚無料応相談
文章の再生成応相談
要約・長文化応相談
下階層の要約応相談
作成した文章の
HTML化
応相談
共起語取得応相談
記事生成完了通知応相談
WordPress連携応相談
事前学習機能応相談
プロンプト(指示文)追加機能応相談
リライト機能応相談
一括記事作成機能応相談
記事管理(タグ)機能応相談
ライター管理機能応相談
文章のトーン調整機能応相談

※価格表記はすべて税別

※同一記事で見出しの一括再生成はできません。一括で見出しを再生成したい場合は新規で記事生成をしてください。

※作成可能記事数(月間)については、タイトル候補、見出しの生成までを1記事と計算します(本文は文字数制限の範囲内であれば何度でも何文字でも生成ができます)。

ビギナープラン
ベーシックプラン
プロプラン
※最短60秒ほどで利用開始していただけます
よくある質問
Q
「ChatGPT」とはなんですか?

「ChatGPT」とは、
アメリカのOpenAI社が開発した
チャット式のAIサービスです。

人間のように自然な会話ができるサービスとして
世界中で話題になりました。

日本では、2022年11月末に正式リリース。

AItoolsはChatGPTをベースに
タイトル、見出し構成、本文を生成しています。

Q
AItoolsで作った文章は正確ですか?

AItoolsが生成する文章は
必ずしも正確な内容とは限りません。

これはAItoolsのベースとなる
「ChatGPT」の仕様上、

正確ではない情報も
出力されるケースがあるため
あらかじめご了承ください。

AItoolsで文章を生成したら
記事公開前に確認していただくのをおすすめします。

Q
生成された記事はそのまま利用しても問題ありませんか?

AItoolsのベースとなる
「ChatGPT」は

コンテンツポリシーと
利用規約に従っていれば、
商用利用OKと明記されております。

ただし、生成された文章の結果次第では、
虚偽の内容が含まれていたり、
第三者の著作権を侵害するケースもあります。

そのため生成された文章を、
公開前にご自身でチェックいただくことを前提で
(つまり、投稿するコンテンツの責任は投稿者に帰属します)

AItoolsで生成した記事をそのままブログ記事として
活用していただくのは問題ありません。

Q
ツールで大量に記事を書いたら検索結果上で競合しあいませんか?

検索結果上で競合しあうことはあるかもしれませんが、

それらが完全に同じ記事になる可能性は
極めて低いです。

なぜなら、
AItoolsは同じキーワードを設定したとしても、

それぞれ異なるバリエーションの
見出しや本文を生成するからです。

また、そもそもキーワードは膨大にあります。

大量に記事を生成したとしても、
競合と完全に被る可能性はかなり低いでしょう。

Q
AItoolsを使えば必ず上位表示できますか?

AItoolsは弊社が上位表示実証済みの
プロンプト(AIへの指示文)を使っているため

基本的にはあまりにも
大きく検索意図から

外れた記事は
生成されないようになっています。

ですが、SEOは相対評価です。

検索エンジンで上位表示するためには
記事の質以外にも

さまざまな要素が加わるため
必ず上位表示できるとは言えません。

あらかじめご了承いただいた上で
ご利用ください。

Q
事前学習、プロンプト(指示文)追加、リライト、
画像生成の精度はどのくらい信用していいのでしょうか?

上記の機能については、
すでに自社で検証済みのプロンプトが組み込まれています。

ただし、すべてのジャンルで
検証ができているわけではありませんし、

生成された文章すべてが
SEOチェックツールで100点を出せるとは限りません。

入れるプロンプトによっても
生成される文章は違ってきますし、

必ずしも上位表示や
成果を保証できるものではありませんので、

ご自身の状況に合わせて
色々と試していただければと思います。


もし「これは良かった」という
プロンプトがありましたらぜひシェアしてください。

より良いプロンプトは適宜AItoolsに組み込み、
さらに精度の高いツールへと進化します。

Q
どのくらいの文字数の記事が生成されますか?

1記事あたりの目安で
15,000文字~20,000文字になる傾向が多いです。

Q
パソコン初心者でも使えますか?

はい、パソコン初心者でも大丈夫です。

AItoolsは
初心者の方でも扱えるよう

特に何も考えずに触っているだけで、
使用感がわかるくらい

わかりやすいUIと
直感的な操作感にこだわりました。

また、もし使い方でつまづいても

使い方に関するマニュアルや
よくある質問もご用意していますので
参考にしてください。

Q
アフィリエイターも活用できますか?

もちろん、アフィリエイターさんも
活用できますのでご安心ください。

また、AItoolsは自社のAIとSEOノウハウを詰め込んだ
SEOに特化したツールですので、

SEOに携わる方であれば
初心者、中上級者関係なく

どんな立場の方でも
実用的に使えるツールとなっております。

Q
企業ホームページと付随したブログでも活用できますか?

はい、できます。

企業ホームページは
運用歴が長ければ長いほど

検索エンジンから
一定の評価を受けているケースがあります。

もともと評価を受けている
企業ホームページに

圧倒的なスピードで
ブログ記事を投稿できる

AItoolsとの相性は
非常に良いです。

Q
使い方のサポートはありますか?

申し訳ございませんが
個別サポートは受け付けておりません。

詳しい使い方は
マニュアルやよくある質問を
ご用意しておりますので、そちらをご確認ください。

また、
使い方に関するご意見ご要望は

随時マニュアルへ反映し、
可能な限り環境は整えさせていただきます。

Q
AItoolsのWordPress連携は必ずできますか?

WordPressサイトを
ご利用のサーバーによっては

ごく稀にうまく連携や投稿が
できないケースがあります。

どうしても問題が解消されない場合には、
別のサーバーへ変更していただくことを推奨しております。

Q
SEOに関する専門知識はどこで身につければ良いですか?

まずは、AItoolsの特典である
ブロガー革命の一部を抜粋した「キーワード選定ノウハウ」を
ご視聴いただければと思います。

その上で、さらにSEOノウハウが必要と感じたら
ブロガー革命本体の購入をご検討ください。

前提として、SEOの知識があればあるほど
AItoolsの可能性を引き出すことができます。

Q
バージョンアップは無料ですか?

問題点や改善点があれば、
バージョンアップを検討します。

ツールのバージョンアップで
追加の料金が発生することはありません。

Q
スマホやタブレットでも使用できますか?

はい、AItoolsはスマホ、タブレットでも使用できます。

移動時間や空き時間を有効活用してご利用ください。

Q
支払い方法を教えてください

クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX)のみとなります。

申し訳ございませんが
銀行振込でのお申込みは受け付けておりません。

Q
今後、今とは別の新しい料金プランができることはありますか?

ユーザーニーズやAItoolsを取り巻く環境を鑑みて、
新しいプランの検討をする可能性はございます。

Q
作成可能記事数(月間)の1記事の基準を教えてください

タイトル、見出しの生成までを1記事とみなします。

つまり、本文生成をおこなわなくても
タイトル、見出しの生成をした時点で

1記事とカウントされますのでご注意ください。

なお、本文生成文字数制限の範囲内であれば
何度でも何文字でも生成ができます。

Q
GPT-4とGPT-3.5で文字数計算が違うとはどういう意味ですか?

GPT-4はGPT-3.5よりも精度が高く、
その分コストも上がっています。

GPT-3.5を使う場合は
GPT-4の10倍の文字数で記事が作ることができますが、

直近は、GPT-4とGPT-3.5の記事の質が
顕著になっているので
基本的にはGPT-4の利用を推奨しています。

Q
プランの変更はできますか?

はい、可能です。

AItoolsサポートページ内の「プランの変更」ページから
お手続きいただけます。

また、プラン変更のタイミングについては、
次回更新日からの適用となります。

Q
領収書は発行してもらえますか?

サポートサイトのマイページより、
ご自身で発行していただけます。

追伸

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

ここまでお読みいただいているあなたは

今後もブログで成果を出していきたいと
真剣に考えていることでしょう。

そんなあなたに
一つお伝えしたいことがあります。

それは、
「時間は有限」だということです。

“Time is money”という
有名な言葉があるように

「時間」と「お金」は切ろうとしても切れない、
いわば表裏一体の関係にあります。

言い換えれば、時間の使い方によって
機会損失することもあれば

逆に大きなチャンスを手にする
可能性もあるということです。

そして、
とくにブログ運営においては

自分の時間当たりの
パフォーマンスを改善することが
お金を稼ぐ考え方にも繋がります。

具体的に言えば「質と量の両立」

これができなければ
ブログで大きく稼ぐことは困難であり、

そのために、

どんな人にも平等に与えられている

限られた時間の
有効活用が大事な考え方になるのです。

具体的な例を挙げてみましょう。

あなたがこれまで
ブログの記事制作に

リサーチを含めて
1記事10時間かけていたと仮定すると、

今後ブログ記事にかける時間は

10記事であれば100時間
30記事であれば300時間
100記事あれば1,000時間

と、SEOを意識した
質の高い記事を書こうとすれば
これだけの時間を要するのも事実です。

もし、
AItoolsを使えば

これから書くブログ記事は
作業時間が1/10に削減します。

しかも、弊社が17年SEOに携わったノウハウで
上位表示を実証しているレベルの記事で、です。

AItoolsはもっとも安い有料プランで
月額9,800円(税込10,780円)。

最低でも1日に1記事生成できるとすると
1記事あたり約245円の計算です。

もちろん、
生成可能上限数MAXまで使えば

1記事あたりの費用は
100円代にまで削減できます。

外注ライターに依頼する場合
1記事あたり数千円、1万円以上が当たり前なので

これがどれほど安いか、
お分かりになると思います。

このようにあなたがブログの記事制作に
かけていた時間を天秤にかけてみると、

AItoolsの活用で得られる
時間効率化は計り知れません。

そして、
AItoolsはこれからも

SEOに特化した
SEOに携わる人のためのAIツールとして

あなたの大切なブログの
よきパートナーとして

そして、なくてはならないツールを
目指して進化し続けます。

AIとSEOの融合は
加速度的に進んでいるからこそ、

その時流に合わせて
しっかりパワーアップしていく必要があるからです。

そして、そのすべての対応は
あなたにブログで最速で効率良く成果を出してもらうため。

そのために
弊社の17年のSEOノウハウを詰め込みました。

弊社がもつSEOノウハウを全力で込めて
開発したAItoolsで、ぜひブログの成果を加速していきましょう。

※最短60秒ほどで利用開始していただけます